ウィルスの違い | セキュリティ会社に依頼してパソコンのトラブル解消|手口は大変巧妙

ウィルスの違い

サイバー犯罪として、多くの人が真っ先に頭に思い浮かべるのが、コンピューターウィルスです。
コンピューターウィルスは、ネット上に広く拡散されたプログラムであり、もしもこうしたプログラムをダウンロードしてしまうと、パソコンに多大な被害をもたらしてしまいます。
ウィルスは、イタズラで作られたものもあれば、不正な利益を得るためにネット上へと放たれたものもあります。
パソコン機能を完全に破壊してしまうウィルスもあれば、個人情報をネット上へ拡散させてしまうようなウィルスもあるため、感染させた人にたいして大きな不利益がもたらされるのです。
パソコンのウィルスは、ネットに繋がったパソコンに対して無差別に感染し、被害をもたらすものです。
それに対して、狙った個人に対してサイバー攻撃を行うのが、標的型攻撃なのです。

標的型攻撃では、悪意のある第三者が自らの手によって狙った人のパソコンへと侵入する事を指します。
手段は主にメールを用いて行われ、メールを開くことや、メールに付随するURLをクリックしてしまうことで、侵入されてしまいます。
犯行を行う人は特定の組織に属している人が多くおり、企業間の利益のためにこうした事を行う場合が多くあるのです。
標的型攻撃とウィルスの違いは、特定の人を狙って個人的に不当な利益を得ることであり、その手段も巧妙であるため、ウィルスのように防ぐことや、ソフトを使って感染を調べる事もできないのです。
標的型攻撃に対しては、専門のセキュリティ会社に対策を依頼する必要があるでしょう。